2018年02月28日

二所ノ関部屋のお相撲さんを応援しよう!

torikumi.jpg

 3月11日から始まる大阪場所に向けて市内に宿舎を構える二所ノ関部屋から、松鳳山関ら3人の力士が市内の保育園等を訪れました。普段会う機会のない力士の登場に子ども達は「めっちゃおっきい!!」と喜び、訪問を歓迎。
 体験で行った力士との相撲対決では、子どもたちはなかなか動かない力士に悪戦苦闘しながらも、真っ向から倒しに行こうとする姿勢を崩さず、見事力士を土俵の外に押し出した時には手を取り合って喜んでいました。

situmon.jpg

 また、子ども達から力士の皆さんに色んな質問を行いました。
「お相撲さんはなぜ裸なんですか?」という質問に対し、松鳳山関が「力士は、武器を一切持たず正々堂々と自分の体だけで戦うために裸なんです」と答えました。子ども達からは「おぉー!」と歓声があがり、まわし姿で戦う力士の覚悟を学ぶことができました。

hanamiti.jpg

 帰りは園児の花道で送り出され、子どもたちからの「頑張ってください!!」という元気な声援が響きました。
 皆さんも、この春場所は二所ノ関部屋の力士を応援しましょう!

posted by TAKAISHI at 16:29| 保育所・幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

泉州路を駆け抜けるランナーの勇姿!

start.jpg

 18日、マラソン日和の晴天の中、今年は5200人を超えるランナーがKIX泉州国際マラソンに参加されました。出発地点の浜寺公園では、スタートの瞬間を今か今かと待つランナーの様子が印象的で、合図とともにゴールのりんくうタウンをめざし一斉に走り出しました。
 今大会から訪日外国人の増加を目的に、名称を「KIX泉州国際マラソン」と改めて、再スタートしました。今大会の見どころとして、“泉”の3市長のガチンコ勝負や河内長野市長の初参加、台湾の人気女優「欧陽靖(オウヤンジン)」さんがゲストランナーとして参加しました。

3sityou.jpg

 気になる3市長のガチンコ勝負の行方は、泉大津市の「南出市長」に軍配があがり、続いて泉佐野市「千代松市長」和泉市長「辻市長」の順でゴール。
河内長野市「島田市長」も完走を果たし、各市長が大会を盛り上げてくれました。

ouyanjin.jpg

 ゲストランナーの欧陽靖さんは、ブロガーの一面もあり来日中に、泉州地域のスポットやグルメといった魅力をfacebook等で紹介し、訪日外国人の増加を願い世界中に発信されていました。

ouen.jpg

 今年から、より応援しやすいよう沿道各所に「応援ブース」が設けられ、ランナーの居場所をスマートフォン等で確認可能な応援アプリ「応援ナビ」も導入。沿道では、家族や友人の勇姿を応援しようと「頑張れー!」と声援が響きました。

romita.jpg

 また、本市の姉妹都市であるカリフォルニア州“ロミタ市”からはエドワードさんとレイシェルさんが招待選手として参戦!2人とも無事に完走を果たし、ゴール地点でフルマラソンを走った疲れも出さず、笑顔を見せてくれました。

posted by TAKAISHI at 15:44| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

ごみは意外とごみじゃない〜分別でかがやくまち〜

fasion.jpg

 25日、環境問題やごみの減量・再資源化に対する意識向上を目的に、アプラたかいしで「環境・廃棄物リサイクルフェア」が開催されました。
 着物リメイクファッションショーから始まったフェアの第1部では、北井弘さん(ごみ減量ネットワーク代表)、松岡夏子さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 環境・エネルギー部研究員)、高石市長によるパネルディスカッションが実施されました。

paneru.jpg

 パネルディスカッションでは、徳島県上勝町で行われた34品目にごみを分別する(高石は9品目)事例を紹介しながら、「行政が思っている以上に住民の方はごみ問題に熱心に取り組んでくれました」と語られ、「これからのごみの問題を解決するためには行政の働きかけだけでは限界があります。高石市と高石市民の方が協働したごみのないまちづくりに取り組んでいくことが重要になってくるのではないでしょうか」と話されていました。

rakugo.jpg

 その後、第2部では、各種表彰や環境落語もご披露いただき、改めて環境問題を身近に感じる時間となりました。
 このフェアをきっかけに、身の回りでできる環境問題対策、ごみ対策について取り組んでみましょう。

posted by TAKAISHI at 22:18| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする