2014年03月31日

“高石市PR大使”にロザンの菅広文さんが就任!

prtaishi1.jpg

 3月31日、高石市を全国にPRするため、お笑いタレント“ロザン”の菅広文さんが本市初の“高石市PR大使”に就任しました。
 菅さんは、小学校2年生まで高石市で生まれ育ち、中学の3年間も本市に在住。高学歴コンビとして知られているロザン“菅ちゃん”の愛称で親しまれ、現在は「ちちんぷいぷい(毎日放送)」や「よ〜いドン!(関西テレビ)」等のテレビ番組や臨海工業地帯の主要企業のCMに出演されるなど、幅広く活躍されています。
 就任に際し、菅さんは「芸人になってから夢やったからほんまに嬉しい。幼いころから住んでいた高石には思い入れがあるので、微力ながらがんばっていくのでよろしくお願いします。」と意気込みを語ってくださいました。
 また、阪口市長は「高石市PR大使の第1号に就任していただき、念願が叶って非常にうれしい。文教都市でもある高石市の街のイメージにぴったりな“菅ちゃん”に、これからますます発展していく高石の魅力についてPRしていただきたい。」と期待を述べると、(株)吉本クリエイティブエージェンシーの戸田常務取締役も「市とより強固な関係を築くことができ、これからは菅を筆頭にいろいろな芸人で高石を盛り上げるために活動していければ。」と話してくださいました。

prtaishi2.jpg

 式典にはてんにょんとともに相方の宇治原さんも登場。相方の就任に宇治原さんは「市のPR大使は、とても名誉なこと。がんばってほしい。」とエールを送ると、菅さんは「自分が宇治原さんの立場なら…ゾッとします。」とお返し。会場はどっと笑いに包まれました。

prtaishi3.jpg

 これからは、様々なイベントで“菅ちゃん”に会えるかも!?市のイベント情報は、広報たかいしやホームページ等で随時発信していきますので、チェックしてくださいね。

posted by TAKAISHI at 16:26| 式典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

府内初!忠岡町と自治体クラウド導入に関する協定を締結

cloud.jpg

 7月31日、本市と忠岡町は防災に強いまちづくりの一環として、共同で自治体クラウドを導入することに合意し、協定調印式を行いました。
 今回、導入を行う自治体クラウドとは、住民記録などの住民サービスを扱う基幹系システムで、大阪府下において初めての導入であり、将来発生が懸念されている南海トラフ巨大地震による津波被害想定地域(近畿圏内)でも初のことです。
 阪口市長は、「災害に強いシステムを自治体クラウドで構築することで、重要情報を保全し、万が一被災した場合でも迅速な復旧・復興業務のための重要なツールとしての活躍に期待している。」とコメントしました。

 ちなみに…和田忠岡町長のすぐ右側にあるキャラクター、何だかわかりますか?「ただお課長」という名で、「日本一元気なまち」をめざすために作られた忠岡町のイメージキャラクターです。ナイスなネーミングが光る「ただお課長」は、忠岡町 町長公室 日本一元気課のれっきとした課長職なんだそう。何とも凛々しいゆるキャラですね。

posted by TAKAISHI at 16:18| 式典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

高石商工会議所・池田泉州銀行と産業振興連携協定を締結

teiketsu.jpg

 7日、本市と高石商工会議所、池田泉州銀行が産業振興の分野における相互の人的・知的資源を効果的に活用し、地域経済の発展に繋げることをめざして“産業振興連携協定”を締結しました。
 今回の協定により、市内の事業者向けに「高石市産業振興融資ファンド」を創設。本市で設けている高石市企業立地促進制度の適用を受けた事業者に対しては、さらに金利が優遇される内容となっています。
 阪口市長は、「今回の協定締結による相乗効果に期待している。また、池田泉州銀行様、商工会議所様ともこれまでのつながりをより強固なものとし、賑わいのあるまちづくりを進めていきたい。」とコメントしました。


posted by TAKAISHI at 13:20| 式典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする