2018年04月18日

大河ドラマで「楠公さん」を!

kusunokikou.jpg

 17日、河内長野市立市民交流センターで「楠公(なんこう)さん」NHK大河ドラマ誘致協議会発足式が行われました。「楠公さん」とは楠木正成(くすのきまさしげ)公の愛称で、鎌倉幕府の倒幕や足利尊氏とともに主君の後醍醐天皇を補佐した、今注目されている名将です。
 NHK大河ドラマ化に向け活発に意見交換が行われました。高石市では、"伽羅橋"付近にあった遺構大雄寺が南朝方の拠点であったと伝えられていることを楠木正成公のゆかりと考え、協議会へ参加。高石市を含む25団体が賛同し発足されました。
 みんなでNHK大河ドラマ「楠公さん」の誘致活動を応援しましょう!
posted by TAKAISHI at 12:32| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

“ボッチャ”を体験しよう!

setumei.jpg

 24日、カモンたかいしでボッチャ体験会が開催されました。
 体験会には33人の方が参加され、講師として、昨年、第19回日本ボッチャ選手権本大会で銅メダルを獲得した吉見成生選手にお越しいただきました。
 参加者は「ボッチャってどんな競技?」という方がほとんとだったため、まずは吉見選手のお父さんである吉見正隆さんからルールの説明がありました。「カーリングに似たルールで、赤・青チームに分かれてから、白い的球に向けてそれぞれのチームの色のボールを投げます。的球に最も近いところに自分のボールを投げたチームに得点が入ります。」と説明いただきました。

kodomotati.jpg

 ルール説明が終わった後は、大人と子どもに分かれての体験がスタート。初めて触れるボッチャのボールに「思ったより重いんですね!」、「うまく投げられるかなー」と少し不安な様子。
 しかし、いざ始まってみると、ルールもわかりやすく、皆さんすぐにボッチャに馴染んで楽しんでいるようでした。投げたボールが的球に近付いた時に「おぉー!」と歓声があがり、拍手が起こる場面も見られました。

kongousen.jpg

 次は、大人と子どもを分けずに行われた混合戦。結果は大人チームが勝ちましたが、子ども達が大人チームを追い詰める場面もあり、老若男女問わず同じフィールドで競い、盛り上がっている様子が印象的でした。

exivision.jpg

 最後は、吉見選手対子どもたちでのエキシビジョンマッチ。吉見選手は、ほぼ全てのボールを的球の近くに投げ、会場からはその日一番の歓声があがり、イベントは大きな盛り上がりを見せて終了しました。
 吉見選手は2020年の東京パラリンピックの出場をめざして日々練習に取り組んでいます。皆さんも吉見選手のこれからの活躍を応援しましょう!

posted by TAKAISHI at 10:37| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

泉州路を駆け抜けるランナーの勇姿!

start.jpg

 18日、マラソン日和の晴天の中、今年は5200人を超えるランナーがKIX泉州国際マラソンに参加されました。出発地点の浜寺公園では、スタートの瞬間を今か今かと待つランナーの様子が印象的で、合図とともにゴールのりんくうタウンをめざし一斉に走り出しました。
 今大会から訪日外国人の増加を目的に、名称を「KIX泉州国際マラソン」と改めて、再スタートしました。今大会の見どころとして、“泉”の3市長のガチンコ勝負や河内長野市長の初参加、台湾の人気女優「欧陽靖(オウヤンジン)」さんがゲストランナーとして参加しました。

3sityou.jpg

 気になる3市長のガチンコ勝負の行方は、泉大津市の「南出市長」に軍配があがり、続いて泉佐野市「千代松市長」和泉市長「辻市長」の順でゴール。
河内長野市「島田市長」も完走を果たし、各市長が大会を盛り上げてくれました。

ouyanjin.jpg

 ゲストランナーの欧陽靖さんは、ブロガーの一面もあり来日中に、泉州地域のスポットやグルメといった魅力をfacebook等で紹介し、訪日外国人の増加を願い世界中に発信されていました。

ouen.jpg

 今年から、より応援しやすいよう沿道各所に「応援ブース」が設けられ、ランナーの居場所をスマートフォン等で確認可能な応援アプリ「応援ナビ」も導入。沿道では、家族や友人の勇姿を応援しようと「頑張れー!」と声援が響きました。

romita.jpg

 また、本市の姉妹都市であるカリフォルニア州“ロミタ市”からはエドワードさんとレイシェルさんが招待選手として参戦!2人とも無事に完走を果たし、ゴール地点でフルマラソンを走った疲れも出さず、笑顔を見せてくれました。

posted by TAKAISHI at 15:44| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする