2020年07月21日

ゴミ箱ラッピングで問題提起!

200721gomibakko.jpg

 「ゴミ問題に苦しんでいる生態系を知って欲しい。」
 羽衣学園高校2年生の生徒5人が立ち上がり、ゴミ問題啓発のために作成したイラストを高石市役所に提供いただきました。生徒たちは、カメやクジラがプラスチックゴミを大量に飲みこみ死んでしまったニュースを目にしたことから、捨てる人の分別意識を高めようとゴミ箱ラッピングを始めました。生徒たちは「自分たちにできることはないか考え、この活動を始めました。まずは高石の人に知ってもらい街も綺麗になれば嬉しいです。」と話されていました。ラッピングされたゴミ箱は、高石市役所1階の玄関前に設置しています。分別の意識を持って、高石の街からきれいにしていきましょう!!
posted by TAKAISHI at 14:50| 市内の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする