2019年10月28日

高師浜線開業100周年を祝って

333.jpg

 26日、高師浜線の全線開業100周年を記念するイベントが開催されました。高師浜線は大正時代に地元の名士が土地を寄附して設けられた路線で、駅界隈は高級住宅地としての開発が始まり、駅の近くにあった海水浴場の賑わいとともにリゾート地として発展しました。今回は、現在まで歴史がつながる高師浜線をさらに活性化させていくことを目的にイベントを開催。

222.jpg

 高師浜駅には、100周年をお祝いするためたくさんの方が集まりました。カステラの銀装さんも駆けつけ、この日のために作った特製の記念カステラを披露。会場からは「すごい!」と歓声があがり、会場全体が100周年をお祝いする雰囲気に包まれていました。

3.JPG

 また、午後5時には地元の方が準備した駅前イルミネーション「ハマナリエ」が点灯。ハマナリエは来年の1月10日まで高師浜駅の駅前を美しく照らしています。皆さんもぜひご覧ください。

DSC_3168.JPG

 会場を変えて、旧図書館前ではダンスや演奏などさまざまなステージイベントが開催されました。会場にはたくさんの方が訪れ、同会場内のナイトマーケットも大賑わい。高師浜駅前で披露された銀装さんの特製カステラも配られ、皆さん楽しんでいる様子でした。

111.jpg

 ステージの後半には、元OSK日本歌劇団・トップスター 桜花昇ぼるさんの「羽衣天女PR大使」就任式が行われました。桜花昇ぼるさんは2014年にアプラホールで行われた「羽衣天女伝説」の舞台公演をきっかけに、シーサイドフェスティバルにも第2回目から毎年出演いただいており、阪口市長は「羽衣天女の華やかさと力強さを表現できるのは桜花さんしかいない」と桜花さんを紹介。桜花さんは「大好きな高石市を力一杯PRさせていただきます!」とPR大使としての決意を語られました。

皆さんもどんどん高師浜線を利用して新しい歴史を作っていきましょう!

posted by TAKAISHI at 11:28| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする