2018年11月19日

乾燥する冬に備えて火災対策を

torosikunren.jpg

 16日、とろしプラザで消防訓練が実施されました。2階で火災が発生した想定のもと、館内にいた方の屋外への避難や消防車によるはしご救助・放水訓練等が行われました。
 訓練後、消防士の方から消火器の使い方についての説明があり、「消火器は、油など炎に直接かけると炎上する可能性があり危険。近くの壁や物にかけて、間接的に炎に粉がふりかかるようにすることがポイントです。」とコツを紹介。参加者は「火災対策について意外と知らないことが多いと気が付いた。今からでもできることを始めようと思った。」と語られました。

posted by TAKAISHI at 00:00| 市内の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする