2017年09月01日

認知症の人と家族が安心して暮らせるまちづくりをめざして

認知症フォーラム講演.jpg

 1日、アプラたかいしで「増え続ける認知症とどう向き合っていくか、高石というコンパクトな都市だからこそできる地域支援を皆さんも考えるきっかけになるように」という目的のもと、「認知症フォーラム」が開催されました。
 第1部では、特定非営利活動法人認知症の人とみんなのサポートセンター代表の沖田裕子さんにご講演いただきました。認知症も様々な種類があることや物忘れと認知症の違いなどを説明され、「認知症が原因で年間1万人以上の方が行方不明になっていることを踏まえて、地域での見守り活動が充実してきた」と具体的な事例もご紹介いただきました。

認知症フォーラムパネルディスカッション.jpg

 パネルディスカッションでは、高石での具体例を挙げながら、沖田さんと高石市見守り支援ネットワーク構成メンバーによる意見交換が行われました。
 その中で、認知症の人やその家族を見守る「認知症サポーター」が現在高石市内で5249人いることを取り上げ、「これからは地域で認知症についてのサポートを行っていくことが重要である」とまとめられました。
 また、第2部では、認知症をテーマにした映画を上映。ドキュメンタリー形式で作られた映画で、認知症と向き合う姿と微笑ましく心温まる内容に、来場された方々は認知症との向き合い方をそれぞれに考えられていた様子でした。
 今回のフォーラムをきっかけに、認知症について自分たちでできることについて考えてみましょう。


posted by TAKAISHI at 17:49| 講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする