2017年08月22日

親子で世界の頂点へ!

hirosesan.jpg

 ベルリンオリンピック水泳金メダリスト、高石市名誉市民の葉室鐵夫さんを父に持つ、広瀬カヤ子さんにお話を伺いました。
 父、葉室鐵夫さんは1936年のベルリンオリンピック200m平泳ぎで金メダルを獲得。その後も200mで世界ランキング1位の座を守り続けました。
 広瀬さんもその意志を継いで、現在、水泳の大会に出場されています。

medaru.jpg

 出場されているのは「ワールドマスターズゲームズ」と「ジャパンマスターズ」。
それぞれ年齢で出場枠が区切られ、広瀬さんは、38歳で初出場した際に日本記録を更新したようです。
 それ以来、継続して大会に出場され、直近ではオークランドで開催されたワールドマスターズゲームズの平泳ぎ50m、100m、200mで金メダルを獲得。また、大阪の東和薬品RACTABドーム(旧:なみはやドーム)で開催されたジャパンマスターズでは平泳ぎ50mで金メダル、100m、200mで銀メダルの好成績を収めています。50mのレースについては、世界記録まであと0.1秒というところまで迫りました。今の目標は世界記録を更新することで、今まで以上に熱意を持って競技に取り組まれる想いが感じられました。

torofi.jpg

 また、高石市ふれあい健康増進センター(スポラたかいし)では、葉室鐵夫さんのトロフィーや歴史などが展示されています。先日、新しく見つかった品も追加で展示されますので、皆さんもぜひお越しになって、今年、生誕100周年を迎えられる葉室さんの栄光の歴史をご覧ください。
posted by TAKAISHI at 10:24| 市長訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする