2013年03月07日

松ヶ根部屋の力士たちが取石認定こども園へ

 7日、大相撲・松ヶ根部屋の松鳳山関をはじめ、3人の力士が取石認定こども園を訪問し、子どもたちとふれあいました。松鳳山関は現在、西前頭四枚目の幕内力士として活躍しておられ、今月から始まる大阪場所のため、千代田4丁目に構える宿舎で滞在されています。

rikishi1.jpg

 力士が園庭に現れると、その大きさと迫力に園児たちは大興奮!土俵に見立てたグラウンドで、取石認定こども園と取石南保育園の園児たちが力を合わせて力士に挑みました。何人がかりで押しても、びくともしない力強さに、園児たちはさらに驚いた様子。周囲からは土俵の園児を応援する歓声があがり、それに押されたこともあってか、力士が土俵際まで追い込まれる場面も…。

rikishi2.jpg

 相撲をとった後は、園児が力士に抱いている疑問を率直に聞く質問タイム。「どうして体がそんなに大きいのですか?」との問いには、「たくさん食べて、よく寝て、よく運動することが大切」との答え。中には、「なぜ、裸で相撲をとるのですか?」と、大人も気になる質問も…。その質問に松鳳山関は、「服などを引っ張ることなく、何も持たずに自分の体で正々堂々と戦うため」とかっこよく答えてくれました。
 間近で本物の力士たちとふれあった園児たち、これからはテレビでお相撲を見る機会が増えるかもしれませんね。府立体育会館で10日から始まる大阪場所では、松鳳山関を応援しましょう。

posted by TAKAISHI at 17:15| 保育所・幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする