2021年02月19日

地域住民の命を救う“津波避難ビル”

isejuutakusamakyotei.jpg

 19日、本市と伊勢住宅株式会社様による「津波避難ビル協定」の締結式が行われました。この協定は、伊勢住宅株式会社様が所有する旧体育館の跡地に建てられたビルを引き続き津波避難ビルとして指定し、地域住民の避難場所として活用させていただく、というものです。
 南海トラフ巨大地震等に伴う津波が発生した際に浸水想定区域外まで避難することが困難な方が、一時的に安全を確保するため、旧体育館は津波避難ビルとして指定されていました。今回の協定締結により、その避難場所としての機能が引き継がれることになります。
 阪口市長は「ビルの近隣には防災広場もあり、ここは地域の防災拠点としての役割を担っていきます。地域の皆さんの命を守るために、協定を締結してくださった伊勢住宅株式会社様にお礼申し上げます。」と挨拶しました。

nairan.jpg

 締結式当日は地域住民の方も訪れ、説明を受けた後にビル内の施設を見学。訪れた方は「こういう施設が地域にある、と知っているだけでも安心できる。」と話されていました。皆さんもこの機会に、災害が起こった際にどのように行動するかを今一度シミュレーションしてみてはいかがでしょうか。

posted by TAKAISHI at 14:48| 市内の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

ご寄贈ありがとうございます

 kawamotosangyousama.jpg

 12日、川本産業株式会社様からこども用マスク9,000枚をご寄贈いただきました。川本産業株式会社様は医療・衛生材料を扱い、医療現場を支える事業を展開されています。マスクのご寄贈に訪れた代表取締役の福井さんは「弊社は忠岡に工場があり、高石から働きに来てくださっている方も多い。地元企業のような気持ちで地域に貢献できれば」と語られました。
 ご寄贈いただいたこども用マスクは市内の幼稚園や保育所、認定こども園等に配付され、子どもたちの感染症防止対策に活用させていただきます。

posted by TAKAISHI at 11:11| 市長訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

2月1日はフレイルの日!

DSC_4807.JPG

 1日、新型コロナウイルス感染症対策を徹底し「コロナに負けるな!フレイルの日記念イベント」を開催しました。2月1日は「201」として「フ(2)レ(0)イ(1)ル」と読む語呂合わせから、記念日を通してフレイルの概念、予防の重要性を多くの人に認識してもらい、健康長寿社会の実現を図ることを目的として制定されました。
 フレイルとは「加齢に伴い身体の機能が低下し、健康障害を起こしやすくなった状態」を示しており、いわゆる「虚弱」を意味します。新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛が続く高齢者はフレイルへの注意が必要です。今回のイベントでは、午前中に「ウォーキングイベント」を開催し、実際に歩いて運動していただくことで、フレイルの予防をしていただきました。参加された406人の方は、距離を保ちながら笑顔でウォーキングを楽しんでいました。

_DSC3918.JPG

 午後からはアプラたかいしで、「フレイルの日記念講演会2021」を開催。会場では様々な知見を有する先生方がリモートなどで出演され、「フレイルとはなにか。フレイルを予防して元気に生きるコツ」などの講演が行なわれました。また、ホール内では運動機能分析装置や電気を使用した電位治療器などが体験でき、自身のフレイルの進行度を測ったり、生活習慣を見直すきっかけとなるイベントとなりました。

_DSC3951.JPG
posted by TAKAISHI at 16:14| 市長訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする