2020年07月28日

新型コロナウイルス感染症の影響による健康二次被害を防ぐために


tobitirenkei2.jpg

 28日、大阪市内で高石市の阪口市長、福岡県飯塚市の片峯市長、奈良県田原本町の森町長、鳥取県湯梨浜町の宮脇町長、筑波大学の久野教授、タニタヘルスリンクの土志田社長が出席、また新潟県見附市の久住市長がリモート参加し「2040年問題の解決に資する飛び地型自治体連携プロジェクト〜Withコロナにおける高齢者の健康二次被害の顕在化とその対策〜」の記者発表が行われました。
 阪口市長は代表の挨拶で「新型コロナウイルスで外出自粛の声がある中、市民の皆さんは外出することが悪のように感じてしまっている。withコロナの中での正しい取り組みが求められている。」と話されました。また、片峯市長からは「各地での感染状況を各メディアで取り上げるだけでは市民は不安になる。今後はこう対策すれば一定大丈夫という市民が安心できる情報も発信してほしい。」と、記者の皆さんへ呼びかけました。
 続けて、久野教授からは「外出不足は運動不足を招き、更には免疫不足や認知機能の低下を招く。過度な自粛生活でコロナにかかりやすい体になりつつある。」と運動不足による免疫力の低下に警鐘を鳴らされました。

tobitirenkei1.jpg

 記者発表の最後には、参加した5市町の市長・町長全員で「我がまちはwithコロナにおいても正しく恐れたうえで、社会参加や健康づくりを新しい生活様式を守りながら積極的に行い、人も地域も経済も元気な健幸都市をめざします」と宣言を行いました。
 新型コロナウイルス感染の影響が長引く中、過度な自粛生活で健康二次被害を招かないよう、新しい生活様式を取り入れながら正しく楽しい生活をおくるよう心がけましょう。
posted by TAKAISHI at 19:09| 講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

ゴミ箱ラッピングで問題提起!

200721gomibakko.jpg

 「ゴミ問題に苦しんでいる生態系を知って欲しい。」
 羽衣学園高校2年生の生徒5人が立ち上がり、ゴミ問題啓発のために作成したイラストを高石市役所に提供いただきました。生徒たちは、カメやクジラがプラスチックゴミを大量に飲みこみ死んでしまったニュースを目にしたことから、捨てる人の分別意識を高めようとゴミ箱ラッピングを始めました。生徒たちは「自分たちにできることはないか考え、この活動を始めました。まずは高石の人に知ってもらい街も綺麗になれば嬉しいです。」と話されていました。ラッピングされたゴミ箱は、高石市役所1階の玄関前に設置しています。分別の意識を持って、高石の街からきれいにしていきましょう!!
posted by TAKAISHI at 14:50| 市内の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

ご寄贈ありがとうございます

除菌スプレー

 9日、衛生関係の物品販売を営んでいる合同会社SIBプランニング様から除菌スプレーをご寄贈いただき、市から感謝状をお渡ししました。ご寄贈いただいた除菌スプレーは安定型次亜鉛素酸ナトリウムを使用している為、強力な除菌効果を持続でき、手荒れの心配がない等のメリットがあるようです。SIBプランニングの西野孝宏さんは「コロナウイルス感染症の第2波に備えてお役にたてば」と阪口市長と本市のコロナウイルス感染症対策について話し合われました。ご寄贈いただいた除菌スプレーは、社会福祉協議会において、コミュニティカフェ事業や訪問介護事業等で活用させていただきます。
posted by TAKAISHI at 17:16| 市長訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

時代を超えて育まれる絆の証

torityuusakura.jpg

 取石中学校第1期生の方々が同窓会を行った際、還暦記念として母校へソメイヨシノの桜の木を、また後日には新型コロナウイルス感染症拡大防止のためにアルコール消毒液100リットルを寄贈されました。同窓会に参加された方々は「新型コロナウイルス感染症などで暗い話題が多い中、母校の後輩たちに少しでもできることがあればと思い、桜と消毒液を寄贈しました」と語られました。
 来年の桜の開花を楽しみに、新型コロナウイルス感染症を乗り越えましょう!

posted by TAKAISHI at 11:33| 市内の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする