2016年11月07日

大規模災害を想定し、各者が災害時の役割と対応について確認しました!

2つの訓練.jpg

 1日に「地震・津波総合避難訓練」・5日に「ドラム缶燃料輸送配給訓練」の2つの訓練が行われ、参加者の皆さんと各機関はいざという時の対応について確認しました。
 「地震・津波総合避難訓練」は、大津波警報の発令を想定し鴨公園への水平避難、避難ビル等への垂直避難を行う津波浸水区域内と、阪神・淡路大震災(直下型地震)を教訓として小型可搬消防ポンプを使用した初期消火訓練を行う津波浸水区域外に分かれての実施。

トリアージ.jpg

 総合体育館「カモンたかいし」と取石小学校体育館では避難所開設初期を想定した簡易担架の作成やトリアージなどの救急救護訓練が実施されました。
※トリアージとは、負傷者を重要度等によって分類して治療・対応の順番を決めること。

担架.jpg

 救急救護訓練に参加された方は地域の方同士で協力して、けが人を簡易担架で運びトリアージを行うまでを援助するなど救急救護における自分たちの役割にも注目されていた様子でした。

運搬.jpg

 5日に行われたドラム缶燃料輸送配給訓練は、南海トラフ巨大地震などの大規模災害発生時に、周辺地域の給油所が機能しなくなることを想定したもので、避難所生活が少しでも不自由がないように、円滑に避難所に燃料供給するための訓練。大阪国際石油精製株式会社大阪製油所でドラム缶に燃料を模擬充填後、陸上自衛隊の車両に積み込まれ、鴨公園で待つ自主防災組織の元へ。

給油.jpg

 鴨公園にドラム缶を乗せた車両が到着すると、自衛隊員と自主防災組織によって手際よくドラム缶に入っている燃料をそれぞれのポリタンクに模擬配給されました。
posted by TAKAISHI at 15:17| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

おかげさまで本市は市制施行50周年を迎えました

川淵さん.jpg

 30日、本市では市制施行50周年を記念して、アプラホールで式典が開催されました。当日は、本市名誉市民でありJリーグ開幕の立役者として活躍され、Bリーグ創設にも尽力されました“川淵三郎氏”にお越しいただきました。

語らい.jpg

 式典を前に、未来を託す学生たちと川淵氏とのトークセッションが行われました。川淵氏は、まだまだ夢の途中を歩む青少年たちへ「夢があるから強くなる」と自身の経験を基にお話ししてくださいました。

演奏・合唱.jpg

 また、太田糸音さんによるピアノ演奏や取石中学校合唱部の皆さんによる合唱が披露されました。

表彰.jpg

 堀口莉絵氏による国歌独唱で始まった式典では、本市50年の歴史の中で特に貢献いただいた方々にこれからのますますの活躍を祈願して表彰状が贈呈されました。フィナーレに皆さんの日々の暮らしにある“笑顔あふれる幸せ”を集めた心温まるムービー“TAKAISHI GENKI GRAFFITI 明るく元気で笑顔あふれる高石市”をお送りしました。
 本市では、さらに飛躍と発展を遂げるために、次の新たな50年に向けて歩みを進めていきます。

posted by TAKAISHI at 18:01| 式典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする