2016年06月21日

高石シーサイドフェスティバルは雨にもマケズ

ブログトップ.jpg

 今年市制50周年を迎えるということで、バージョンアップして開催しました高石シーサイドフェスティバル。当日は、雨の影響でフリマが中止となってしまいましたが、その他ほとんどの内容に大きな変更もなく実施することができました。おかげさまで、昨年を上回る約2万8000人もの来場者となりました。

熊本物産ブログ.jpg

 会場には、「高石発。熊本へ、元気を!」をテーマに熊本物産展のブースが設けられ、熊本のPRと被災地への支援活動のお礼に「くまモン」が駆けつけてくれました。くまモンは浜寺公園内をリアカーに乗せられて移動し、行く先々で人だかりが発生し、世代を超えた人気ぶり!くまモン体操では、キレッキレの動きで会場の子どもから大人まで踊りを楽しんでいました。

シーサイド(ステージ).jpg

 ステージイベントは、Qちゃんによるパフォーマンスショーや人気お笑い芸人のお笑いライブなど様々な催しで来場者を盛り上げてくれました。

花火.jpg

 そして、午後8時からは高石シーサイドフェスティバルのフィナーレである打ち上げ花火!皆さんは、お気付きだったでしょうか?市制50周年にちなみ“50”の形の花火から打ち上げスタート!序盤から連発で上がる花火にたくさんの歓声が上がりました。25分間続いた打ち上げ花火の締めくりには、特大の花火が無数に花開き、最後の花火の光が消えると場内に拍手が響きました!


posted by TAKAISHI at 17:46| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

市内で初めての美術館「小林美術館」がオープンします!

kobayashibijutukangaikan.jpg

 6月14日、市内で初めての美術館「小林美術館」が羽衣に誕生します。この美術館は、館長の小林さんが日本画の美しさや伝統を子どもたちに知ってもらいたいという思いで建設されました。

kobayashibijutukanniwa.jpg

 外観は和をテーマとしたデザインで、館内に入ると文化勲章作家の日本画を中心に自身がコレクションとされていた作品が展示されています。また1階には庭園が鑑賞できる喫茶スペースも設けてあり、日常の喧噪を忘れさせてくれます。

kobayashibijutukansakuhin.jpg

 小林館長からは「日本画にはそれぞれ解説をつけてあります。日本画を観るときは、解説を参考にその画のストーリーを感じてほしい」と絵画に馴染みがなくても鑑賞を楽しめるコツを語っていただきました。
 皆さんも高石の新たな名所にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

【小林美術館】
住所:羽衣2丁目2番30号
電話:(072)262-2600
休館日:月曜日(祝休日の場合は開館、翌日休館)・年末年始

posted by TAKAISHI at 10:06| 市長訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする