2020年02月17日

Welcome to Takaishi!KIX泉州国際マラソン!

 16日、浜寺公園からりんくう公園までを道のりとするKIX泉州国際マラソンが開催されました。今年はあいにくの空模様となりましたが、総勢8000人以上のランナーが参加しました。本市の姉妹都市“ロミタ市”からもマークさん、ショーンさんの2名が出場。沿道から姉妹都市協会の会員やスタッフからの応援を受け、二人とも自己ベストに迫るタイムで完走しました。

1.JPG

 翌日は、市内の小中学校を訪問し、給食を共にするなど、子どもと気さくに交流する姿がみられました。その後、市役所を訪問されたショーンさんは「今回、日本で暖かい人々・文化に数多く触れることができました。来年以降も機会があればまた日本に来たいです。」と語られました。
 姉妹都市協会では随時会員を募集しています!交換学生の派遣や英会話教室などの活動を行っていますので、ご興味のある方は高石市役所 秘書課までご連絡お待ちしております。(☎072-275-6078)

2.JPG
posted by TAKAISHI at 16:20| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

全国の工場夜景の聖地が集う

sengen.jpg

 8日、フェニーチェ堺で「全国工場夜景サミットin堺・高石」が開催されました。サミットには、全国から工場夜景を観光資源とする11のサミット参加都市が集結。工場夜景の魅力発信、観光資源としての可能性を探る機会となりました。

hiratasi.jpg

 日本旅行(株)カリスマ添乗員の平田進也氏による基調講演では、普段何気なくあった工場の灯りを“観光資源”としてとらえていく考え方やお客様に満足していただくための添乗員としての心構えなどを講演いただきました。

kobayashisi.jpg

 今回のサミット開催にあたって行われた工場夜景フォトコンテストには、全国から約1900もの作品をご応募いただき、写真家の小林哲朗氏による入賞作品の発表が行われました。その後、小林さんは工場夜景撮影のコツ等を話され「自分の目では見ることができない景色を見られるのが、工場夜景を撮影する魅力の1つです。」と語られました。
 サミットの最後には、次年度開催都市が神奈川県川崎市であることが発表され、川崎市の工場夜景のPRが行われました。

bu-su.jpg

 また、会場外には参加都市によるブースが設けられ、各都市の工場夜景の写真が掲示されたパネルやパンフレットが展示されていました。展示を見ていた方は全国の工場夜景を一同に見るチャンスに興味津々。「工場と一言で言っても、それぞれ構造や形状が全く違うので、夜景の景色も色々あって飽きない」と話されていました。皆さんも工場夜景の見学や撮影にチャレンジして、工場夜景の魅力を感じてみましょう。

posted by TAKAISHI at 10:01| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

ご寄贈ありがとうございます

kizou.jpg

 31日、本市と「災害時等における協力に関する協定」を締結している株式会社セルビスからプロジェクターをご寄贈いただき、市から感謝状をお渡ししました。寄贈式後、株式会社セルビスの皆さんは、阪口市長と本市の防災機能について話し合われていました。ご寄贈いただいたプロジェクターは、災害時や災害に関する研修・訓練を行う際に活用されます。

posted by TAKAISHI at 09:22| 市長訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

「食」で地域のつながりを

syokudetunagari.jpg

 20日、関西スーパー高石駅前店で、株式会社関西スーパーマーケットと高石市社会福祉協議会における「食材に関する協定」の締結式が行われました。この協定は、関西スーパーの食品ロスの削減・社会貢献、社会福祉協議会のフードバンク事業への取り組みという目的のニーズがそれぞれ一致したことから結ばれ、食品の品質には全く問題がないものの、市場に流通できなくなった野菜を中心に月に4回提供いただきます。集まった食材は子ども食堂やコミュニティカフェ等の地域の輪を広げる施設へ支給されます。社会福祉協議会の山崎会長は「食がコミュニティの一番の根幹になる。」と語り、今回の協定で提供いただく食材がさらに地域のつながりを強めることを説明されました。
 それぞれの子ども食堂やコミュニティカフェ等がいつ、どこで開催されているか等は、高石市社会福祉協議会[☎072-261-3656]にお問い合わせください。皆さんも、食を通して、地域の方とのふれあいを楽しんでみませんか。

posted by TAKAISHI at 11:24| 市内の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

令和2年 高石市 成人式

 13日成人の日、アプラたかいしで成人式が行われました。爽やかな青空の下、479名の新成人が参加し、会場では同級生との再会を懐かしむ姿やスマートフォンで写真を撮る姿が数多く見られました。新成人代表の下倉茉莉さん(高南)は代表挨拶で「社会人としての自覚を胸に社会で活躍できる大人に。」と決意を語られました。式の終盤では新成人が小学校・中学時代の懐かしい動画も流され、会場では当時の思い出を話し合う姿が印象的でした。

1.JPG

2.JPG

 
posted by TAKAISHI at 16:08| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

宇宙の不思議を学ぼう!

entrance.jpg

 現在、高石市立図書館本館では「宙の旅」と題し、宇宙に関するさまざまな本をエントランスに展示しています。展示されている図書の中には、『誰かに教えたくなる宇宙のひみつ』『星を楽しむ天体望遠鏡の使いかた』など、子どもたちが宇宙のことを学ぶために役立つ本や、『宇宙が始まる前には何があったのか?』『NASAアポロ計画の巨大真相』など、大人の方も思わずのめり込んでしまうような本がズラリと並んでいます。

utyugakkou.jpg

 また、1月19日(日)には、JAXA(宇宙航空研究開発機構)で働く方から宇宙の話が聞けるイベント「宇宙学校・たかいし」がアプラホールで開催されます。イベントでは、3年半かけて地球から3億km離れた小惑星リュウグウに到着した「はやぶさ2」の裏話や、赤外線を使った宇宙の観測方法などについてお話しいただきます。皆さんも、この機会にさらに深く宇宙について学んでみませんか。お申し込み・お問い合わせは高石市立図書館本館☎072(263)3100までご連絡ください。

posted by TAKAISHI at 09:48| 市長訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

水引でお正月を彩ろう!

applamizuhiki.jpg

 26日、アプラたかいしでウィンターフェスイベント「水引でかわいいお正月飾り!」が開催されました。和を感じられる装飾品として、飾りだけでなく、贈り物やお祝い事の封筒などにも使われる水引。参加された方はまず水引に使う色を決め、飾りに使う花やまつぼっくりを楽しそうに選んだ後、作成に取りかかりました。完成すると、写真を撮りながら「お正月用に水引を作ってみたのは初めて」「どこに飾ろうかな」と、いつもより少し華やかなお正月を想像している様子でした。
 令和元年もあと少し。皆さんも良いお年をお迎えください。

posted by TAKAISHI at 16:40| 市長訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

第2回 災害支援ボランティアバス運行

borabasu.jpg

genba.jpg
 
 13日夜、本市から40名以上のボランティアの方が台風19号による被害を受けた長野市へ向かい、復興支援活動を行いました。被災地では大雨による河川の決壊で被害を受けた民家やリンゴ農家の泥出しを行いました。被害に遭われた方々の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
posted by TAKAISHI at 16:43| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

TAKAISHI健診JAM2019を開催!

kenshinjam.jpg

 7日、総合保健センターで特定健診の受診率向上イベント「TAKAISHI健診JAM2019」が開催されました。特定健診は、血液検査や尿検査を中心に、生活習慣病のリスクを早い段階で発見して予防・改善につなげることを目的としています。この日は、特定健診の受診に加えて、身体の健康具合を測るためのブースを設置。訪れた方は目や呼吸機能の検査を行ったり、下肢の筋力を測定するなど、自分自身の身体を見つめ直す機会となりました。

osoujiseminar.jpg

 また、セミナーとして株式会社ダスキンが「プロが教えるおそうじのコツ」、株式会社笑美面が「老人ホームの選び方」をそれぞれ開催し、各回たくさんの方が受講されていました。イベントに参加された方は「特定健診だけと固く考えずに、気軽に色んなことを学べました。」と話し、健康への意識がより一層向上したようでした。
 生活習慣病は自覚症状がないまま進行し、発症してしまうと完治が難しくなります。また突然、脳卒中や心筋梗塞で亡くなったり、後遺症が残ってしまう場合もあります。自分の身体を守るために、まだ特定健診を受診していない方は、必ず受診しましょう!

posted by TAKAISHI at 12:00| 市長訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

健幸ダンスで世代を越えたふれあいを

dance1.jpg

  14日、健幸ダンス教室でリーダー養成講座を修了したダンスリーダーが、アシスタントとして綾園保育所を訪問しました。聞き慣れたドラえもんのテーマソングが流れると、子どもたちはリーダーたちが踊るダンスに目を輝かせて、慣れない動きに戸惑いながらも、小さなカラダを精一杯動かしてダンスを楽しんでいました。

dance2.jpg

 ダンス終了後、出口前でダンスリーダーが園児をお見送り。「お疲れ様。うまく踊れたね!」と声をかけられた園児は、大きな声で「ありがとう!」と応え、ハイタッチをしながら教室をあとにしました。ダンスリーダーの方は「ダンスを教えるつもりが、子どもたちとふれあって逆に元気をもらった。ダンスは年齢関係なく楽しめるので、色んな人と楽しさを共有したい。」とダンスを通したふれあいについて語られました。
 ダンスリーダーになるには、市内で行われている健幸ダンス教室(全8回)の参加に加えて「健幸ダンスリーダー養成講座(全2回)」を修了することで認定証が与えられます。12月13日から「カモンたかいし」開催分の健幸ダンス教室の申込受付が始まります!皆さんもダンスリーダーをめざして、ダンスを通したふれあいを楽しんでみませんか?
posted by TAKAISHI at 13:13| 保育所・幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする