2016年12月26日

あのボーネルンドが高石へやってきた!

ボーネルンド.jpg

 子育てウェルカムステーション「HUGOOD」がアプラたかいしにオープンしました。ボーネルンドが全国展開する室内あそび場「キドキド」事業や保育園・幼稚園・小学校、子育て支援施設のあそび場開発のノウハウをいかし、親子が安心して集える環境をプロデュースしています。

●子育てウェルカムステーション「HUGOOD」
利用時間 午前10時〜午後6時
【ハグッドプレイラボ】(受付:午後5時まで)

ボーネルンド5.jpg

対象 0〜5歳
料金 1人1時間250円(超過時間15分ごと50円)
五感を刺激する新しい遊びが生まれる研究所をイメージして作られた有料の室内遊び場です。はいはいの時期から遊べるからだ遊びのコーナーをはじめ、ダイナミックに遊べる遊具がたくさん。

【ハグッドスクエア】(受付:午後5時まで)

ボーネルンド6.jpg

料金 無料
※一時預かり保育 料金1人平日1時間700円、土日休日800円
「親子と情報が交差し、まなびが育まれる広場」をイメージした、親子で絵本を楽しむスペースや、タブレットや情報誌など子育てに役立つ情報コーナーがある子育て支援ルームです!
  
【ハグッドテラス】

ボーネルンド7.jpg

料金 無料
 親子が交わり憩い、集いが生まれる場所になるよう名づけられたレストスペースです。木製遊具や植物が並ぶ、吹き抜けの気持ちよい空間の中で、ゆっくりとひと休みできます。

この年末年始の利用は、年末は28日までで年始は4日からです。ぜひご家族でご利用ください!

posted by TAKAISHI at 13:53| 市内の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

川淵三郎さんと金田石城さんから寄贈いただきました!

本.jpg

 本市名誉市民の川淵三郎さんが「夢を実現させるには、優れたリーダーシップと果てなきバイタリティーが必要である」と伝えるため、タイトル「独裁力」というの本を出版されました。川淵さんのご厚意によりサイン入りで100冊を本市へ寄贈いただきました。寄贈いただいた本は、市内のコミュニティセンターや図書館等の公共施設に設置していますので、ぜひお手にとってご覧ください。

ボール2.jpg

 また、このサッカーボールは川淵さんが平成15年に名誉市民となられた際に寄贈いただいたもので、「高い志 大きな夢を育む街」という言葉を本市に送ってくださいました。この言葉を市制施行50周年を記念して、日本を代表する書道家の金田石城さんから「いつも大変お世話になっている川淵三郎氏のふるさと高石市のために…」と揮毫し、本市へ寄贈いただきました。

市長と川淵氏.jpg

 寄贈いただいた作品は、式典当日アプラホール3階ホワイエにて展示しました。現在、市役所本館ロビーに展示していますので、市役所にお立ち寄りの際にぜひご覧ください。

posted by TAKAISHI at 13:25| 市内の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

大規模災害を想定し、各者が災害時の役割と対応について確認しました!

2つの訓練.jpg

 1日に「地震・津波総合避難訓練」・5日に「ドラム缶燃料輸送配給訓練」の2つの訓練が行われ、参加者の皆さんと各機関はいざという時の対応について確認しました。
 「地震・津波総合避難訓練」は、大津波警報の発令を想定し鴨公園への水平避難、避難ビル等への垂直避難を行う津波浸水区域内と、阪神・淡路大震災(直下型地震)を教訓として小型可搬消防ポンプを使用した初期消火訓練を行う津波浸水区域外に分かれての実施。

トリアージ.jpg

 総合体育館「カモンたかいし」と取石小学校体育館では避難所開設初期を想定した簡易担架の作成やトリアージなどの救急救護訓練が実施されました。
※トリアージとは、負傷者を重要度等によって分類して治療・対応の順番を決めること。

担架.jpg

 救急救護訓練に参加された方は地域の方同士で協力して、けが人を簡易担架で運びトリアージを行うまでを援助するなど救急救護における自分たちの役割にも注目されていた様子でした。

運搬.jpg

 5日に行われたドラム缶燃料輸送配給訓練は、南海トラフ巨大地震などの大規模災害発生時に、周辺地域の給油所が機能しなくなることを想定したもので、避難所生活が少しでも不自由がないように、円滑に避難所に燃料供給するための訓練。大阪国際石油精製株式会社大阪製油所でドラム缶に燃料を模擬充填後、陸上自衛隊の車両に積み込まれ、鴨公園で待つ自主防災組織の元へ。

給油.jpg

 鴨公園にドラム缶を乗せた車両が到着すると、自衛隊員と自主防災組織によって手際よくドラム缶に入っている燃料をそれぞれのポリタンクに模擬配給されました。
posted by TAKAISHI at 15:17| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする